失業者に給付される失業保険は、失業しているあいだが給付条件となります…

失業した際に給付される失業保険は、給付されるためには失業中であることが必要です…

  • 失業時に受け取れる「失業保険」は、失業中でない人はもらえませんが、給付期間が決まっています。それまで勤務してきた期間に応じて変動し、3ヶ月だったり、1年だったりするのですが、なんとこれを知らない人が一定数います。失業を続ける限りもらえると勘違いして失業保険で食べていけばいいと考えて仕事を探さない人もいますが、給付期間が終わろうというところでようやく自分の間違いを知り焦って職を探し始めてもよい勤務先を見つけるのは困難でしょう。転職を希望している会社の面接官もアホウではないので、「いつ頃失業したか」「失業から、どのくらい経つか」「その間、何をしていたか」位は大半は相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いでしょう。場合によっては、面接時に失業中の行動を根掘り葉掘り聞かれることもあります。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、不合格となるでしょう。

    転職サイトや転職エージェントといったサービスを活用し・・

  • 転職サイトあるいは転職エージェントを使用して、転職活動をする人はますます増えています。条件のよい転職先を確実に見つけたいなら、加えて転職フェアを利用するのがいいでしょう。転職フェアは、多くの企業が一堂に会する場であり、参加することで企業の情報に直接触れることができますし、さらに、説明員等を通じて、その企業がどんな雰囲気なのかある程度わかります。これから、転職フェアに行くときには、1次面接に臨むつもりでしっかりと自分を売り込みましょう。その結果としてフェアの最中に企業側の担当者に気に入られれば、後で採用面接でアドバンテージになります。

    転職を成功させたいのなら、前もって行動をするようにしましょう。

  • 転職を成功させたいのなら、戦略を立てながら徹底した情報を収集することが不可欠です。ですからインターネットを見ると明日にも消えてしまうような中小クラスの意地でかHPに企業の紹介を書いているところがほとんどですので、ネットの機能を活用して知りたい情報を手に入れるとまた疑問等を解消しておくと転職時に助かります。さらに公式サイトに加え、「転職サイト」にログインするのも有りだと思います。しかし、インターネットだけで判断するのは早計です。何よりも転職候補にしている職場を自分自身で見て判断するのも大事です。

    就職活動において、年収は非常に重要な要素です。

  • 転職活動の中の話題に上がるのが年収です。面接の時、必ず現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき本当の年収を上回る額をもらっていると偽り、高額な年収を確保しようと試みても、無駄でしょう。源泉徴収票が必要となるため、仮に一時的に信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的には後からバレてしまいます。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現在の年収を正直に申告し、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。例をあげれば、今の年収が400万円の方が、転職後すぐに500万円となる見込みはほとんど無い、と見ておくべきです。今、430万円の年収であるのなら、希望額は400~450万円であると伝えておくのが無難です。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、一時的に採用されたとしても、そのまますぐに退職しなくてはいけなくなることもあるので、注意しましょう

    とある古物商にて、書類審査に合格しました。すぐに面接の日時について先方から連絡をもらい・・

  • ある古物商の社員募集に応募したところ、書類審査に受かりました。すぐに先方から面接の日時を指定してもらいました。しかし、面接日当日、指定された場所へ行ってみると、行き違いがあったのか相手が面接準備を一切していないことがわかりました。待たされたのち、責任者らしき人が面接担当をしてくれましたが、始めから終わりまで、面倒くさそうな態度を見せてひとまず面接が終わりました。ところが、予定日を過ぎているのに、まったく採用結果すらなく、気になったので、私のほうから問い合わせてみると、「郵送で今日送った」と返答されました。心待ちにしていたのですが、私の手に届くことはありませんでした。そこで再度問い合わせたところ驚くことに、「残念ですが不採用とします」、とそう言われてすぐ、電話を切ってしまいました。あまりの対応にしばらく言葉も見つかりませんでしたが、正直、採用されなくて良かったと感じています。

    求人情報には多くの企業では月の収入が明記されています。

  • 求人情報にはとうぜんまともな株式会社では月の給与が記載されているはずです。でもこの月収を確認する時には、注意深く確認する事が大事です。その多い少ないだけで納得しないようにしましょう。そのわけはひょっとすると、月収の内訳で「毎月10時間の残業」が含まれているかもしれません。そういうことは残業代の金額を含めて計算することで好条件であるかのように見せ、人材を募集している所があるからです。このほか、「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている所もあったります。そういうわけで、そうやって「不誠実」極まりない案件は、はじめから相手にしないほうが無難です。

    転職活動を行う上での最後の難関として、「今勤めている会社をいかにして辞めるか」という問題があります。

  • 転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない問題として、「今勤務している企業をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先の企業が決定しても、現在勤務中の会社があなたを手放したくないとして慰留しようとするかもしれません。そうなってしまった場合、「何を言われようとも絶対に退職する」という強い信念を持つことが大切です。もしも引き留められて留まった人でも、一度辞めたいと考えた会社は結局、辞めることとなります。会社の規定を確認し、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届をつくっておきましょう。そうして、決定権を持つ上司と相談し、「退職についての交渉は、すべてお断りします」と毅然とした態度で伝えましょう。「円満退社」で去ることも転職活動において重要なポイントになってきます。