かつて結婚相談所に在籍したいた際、紹介してもらった相手のお見合い用の写・・

かつて結婚相談所に在籍したいた際、紹介してもらった相手のお見合い用に用意された写…

  • 結婚相談所に登録していた頃、相手のお見合い用に撮られた写真と実際にお会いした時の姿との違いに驚いたことは少なくなかったのです。女なので、男性を紹介してもらっていたわけなのですが、特に髪の毛の量が全然異なることがあります。待ち合わせに行った際に見つけることができないほど、お見合い写真より髪の毛のボリュームが明らかに少量なのです。このことを責め立てるつもりはないのです。髪の量が少ないということが良くないとは言いません。私はただ最初に相手が見る「写真に偽りあり」というのは、信頼関係にヒビができるのではないでしょうか?そもそも写真を撮った際にそのような量にできるのならば、お見合い当日に頑張ってセットしていただきたいですし、もしも、そうできないのならば最初からもともとのスタイルで勝負する方が良いではないでしょうか。相手がそんな男性だと、嘘をつかれたような感じになって、お見合いに関しても気持ちが入らなくなります。男の方はしっかりと考えて私と同じように感じる女性は多いと思います。男性の方はしっかり考えてお見合い用の写真を撮った方が絶対に良いと思います。

  • 私は、明るいほうで、会話でもハキハキした受け答えをします。

  • 普段の私は、とても明るい性格で、相手が誰であっても意思をハッキリ伝えます。婚活イベントでは、遠慮がちなかわいらしい女性になりきってみたかったのですが、これがかなり難しいんです。何よりも、自分で自分を恥ずかしいと感じることもありました。ですが、ある婚活で開催されるパーティーに参加した時は、控えめな女性を最後まで演じることができました。周りに私を知る人がいないという事もあったので、勇気を出して、「聞き上手」なおとなしい女性を全面に出してみました。いつもは、「おしゃべり」ですが、このパーティーの時は終始、自分からは話さずに相手が話をしている間、常にニコニコしながら相槌するだけ、という実にシンプルな戦法でいきました。普段のわたしと正反対な態度が意外と効果絶大でした。

  • 結婚活動を通して知り合った、自分よりも歳の若い人をパートナーにしたいと思っているのなら・・

  • 婚活を介して出会った、あなたより歳の若い人をパートナーにしたいと思っているのなら、LINEは100%使いたいツールなので、LINEの使い方は理解しておいたほうがいいでしょう。スマートフォン利用が当たり前になったこのご時世、20代の子の大半はLINEを使用しています。友人とこれから会う、という場合、その相手と会う前もずっとLINEで話するほど使うのが当たり前になっているのです。もしあなたが、LINEを使用していないなら、婚活のために、理解しておきましょう。覚えるのがつらいのなら、使えないことを逆手にとって、LINEを教えてもらいながらそのまま親密になっていくといった選択肢も結婚活動を自然な形で進めていくのにいいかもしれません。

  • きれいになる|姉・妹と仲良しな男性と交際している場合、結婚を真剣に考える・・

  • 姉・妹と仲の良い男性があなたの彼氏なら、いざ将来を考えると、なんとなく気が重くなってしまう人もいるはず。あなたの立場からすれば、義理の姉または妹だったとしても、男性サイドでみると、かけがえのな大事な家族であることは変わらないのです。とは言え、考えようによっては、義理の姉妹ほど心強い存在はありません。また、仲良くすることができれば、あなたの味方となってくれる可能性もあります。その理由は、女性の最大の味方も、これまた女性だからです。けれども、義母の場合は、そういった期待はできません。もちろん、すべての人がそうではありませんが、義母というのは、夫婦ゲンカのあいだに入った場合は、息子の立場を尊重したいがために、経緯を無視して妻であるあなたが原因でなくても敵対することもあるでしょう。それとは逆に、義理の姉もしくは妹の場合は、あなたに問題が無い限り、助けになってくれる可能性が高いものです。つまり、あなたが普段から義理姉妹と仲良くしていれば、結婚生活に悩みもなくなるでしょう。

  • 40をを超えているのに、結婚相手になかなか巡り会えない…

  • 40歳を過ぎた人たちが、結婚相手がなかなか見つからない、そのせいで婚できないというのはいいわけではないでしょうか。40歳を過ぎていようが、年齢がどうであれ、本気で結婚する気持ちがあり、婚活で断られてもめげない人であれば結婚できるはずです。40歳を超えて独身でいる男女は、それぞれが様々な経験をしていることもあって、相手の性格は、こうでないと困る、また、年収はいくらで、ルックスはあれっぽく、、、と希望条件を設定しすぎてしまうことが原因になっている場合が少なくありません。つまり、自分自身で婚期を遅らせているのです。それに加えて、40を超える独身さんは、一人の期間が長いこともあり自分ではそう感じていなくても楽をしたいという想いもあって、どうも結婚相手に対する要求が高くなってしまう。自分では気づきにくいことですが、客観的に見てみれば、もしかすると「高望み」しているだけかもしれません。

  • きれいになる|恋愛を足がかりに、結婚に繋げるためには色々なハードルを超えていく必要があるのです。

  • 恋愛関係から結婚をするのはいろんなハードルを超えていく必要があるのです。はじめに、自身と相手との相性・生活の違いといった点を不満に思わないかどうかです。相性についていえば、趣味が合うとか、好きなものが似ている、でしょうか。そして、価値観に関しては、大切なものは何か、になると思います。お金、友達それに家庭などそれぞれに感じる価値観は個人によって違います。生活に関しても、細かく言うと朝起きる時間や、寝る時間も違って当たり前です。すべてにおいて一緒でないと結婚が難しいわけではありません。そして、似通っている必要もありません。先にも記載したように、尊重しあえるかどうか(無理なく)、です。またルックスで判断すれば結婚は難しくなるでしょう。ただし、解釈を変えると、工夫が必要です。とにかく、相手の内面を見ない限りは、結婚など決断できるわけがありません。なので婚活では、人をきちんと見極めることがポイントになっています。洞察力がある人ほど結婚活動では良いパートナーが見つかります。

  • あなたが結婚活動時のデートの際、メイクやファッションだけでなく、靴にも気を配る必要があります。

  • 結婚活動中のデートにて、メイクや服装だけでなく、足元まで気にする必要があります。デートで履いていく靴は思いのほか注目されるところでもあります。そのため、気をつけなくてはいけません。女性らしさは婚活をしていくうえで、大事な要素と言えます。服装やメイクなどと同じで、靴も女性らしさをアピールするためのツールといえます。カジュアルすぎるローファー及びスニーカーはNGです。さらに、パンプスならフラットでもいいかというと、男性が見た場合、女性らしいとは認識されません。及第点といえるのは、3~5センチ分のヒールのある靴が女性らしさもあり、上品で好まれます。ですが、ヒールが好ましいからといって、7センチ以上のものは家庭をイメージできない理由で距離を取られてしまうかもしれないので、履かないほうが無難です。