転職時の面接では、少々うそを交えたほうが良いこともあります。

転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。

  • 転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。面接担当者から「転職理由を聞かせて頂けますか?」といった形で、ほぼ質問されます。その場合、どのような事情がであれ、前の仕事場での「人づきあい」「働く環境」についての不満に受け止められる返答は、できるだけ口にするのは避けましょう。なぜなら、仮にそういった不満を回答すると、採用される可能性をダメにしてしまいかねません。ですから面接時は、「前向き」な内容に徹底することが肝要で、本当の理由でなくとも、「新しい職場においては、これまでのキャリアをしっかり生かして、真面目に取り組んでいきます。」のような内容で自分を売り込むことが必要とされます。
  • 転職活動する場合、相応の準備は不可欠です。

  • 転職活動する場合、相応の準備は必須です。準備といってもたくさんあるのですが、とりわけ「ファッション」を気になっている人も多いと思います。ところが、ここ数年の、面接に関しては、私服がOKな企業も多いので、しっかりスーツを着て面接に行く必要がない場合もあります。とくに会社の設立したての企業などは、お堅い規則もないことが多く、私服で面接の場に行ったほうが、相手先に良い印象をあたえます。加えて、ざっくばらんに話ができるのも魅力のひとつです。さらに私服であれば、面接のなかで、ファッションの事で話題が広がることがあるので、もしかしたら面接担当者と仲良くなれる期待ができます。ですので、転職活動は会社の「創業年数」を確認し、(ベンチャー系企業の)面接時には私服で挑んで見るのも良いかもしれません。
  • 仕事を変えた際には、高い確率でそれまでの仕事はたいていの出来事は美化されます。

  • 仕事を変えた際には、だいたいの場合は前職の多くの記憶は美化されます。実際には現在の仕事に問題点があるから、そういった思いをクリアするためにせっかく退職を決め、再就職を決意したはずなのに、過去を振り返るとなぜかわからないけれど転職した会社よりも「前の仕事のほうがマシだった」と感じます。無理はなく、前の職では仕事の勝手がわかっているので今よりもわけなくまいにちの業務をできていたからが、一番の理由にあるはずです。だが実際は「退職するんじゃなかった」と本気で思うほど、前の職場のほうが職場環境や環境がいい可能性もあります。
  • 転職するのなら、まず第一にハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはウェブ上の求人情報を閲覧したり・・

  • 転職を行うにあたっては、まず、ハローワークやネット上の求人情報を見たりして転職したい会社を調べるはずです。その会社が実際にそのようなところに情報を出す場合には、専属「コンサルタント」のフィルターが入っている、と考えた方が良いでしょう。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す能力に長けています。たとえ公表する場合でも遠回しな表現に徹します。そのようなコンサルの影響が色濃く出た、社長社員に関連する情報は疑いながら読むべきでしょう。美辞麗句を信じて会社に入った場合、「聞いていた話と違うじゃないか」とあとになってから後悔しかねません。悪意ある会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後は、文句をつけながら退社させないように仕向けています。ブラック企業では、このようなことが多いです。
  • 生涯初の失業保険をもらう場合、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている・・

  • 生涯初の失業保険の給付を受ける際に、「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている人が大多数ですが、それは誤解です。実際は、失業保険の給付をきちんともらうためには、仕事探しを続けていることが必要で、それとは別に、月に一度はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月ごとに担当者に就職活動の状況をきちんと説明してきちんと就職活動をしていると判断されれば翌月、保険が下りる仕組みになっています。これに対し、真面目に就職活動をしていないとみなされたり、月に一度のスタッフとの面談を欠席した場合は、当然問答無用で給付が見送られたり、酷い場合は以降の給与資格をなくしかねないので、そうならないよう注意してください。
  • もしも再就職の前に、今働いている会社の同僚たちがあなたの転職を知・・

  • 転職することを、今働いている会社の同僚たちがそのことを知ってしまうと、雰囲気が一変することがあります。場合によっては、問題はないこともありますが、意地悪、やっかみに悩まされるかもしれません。さらに、残業時間を増やされることもあるので、うっかり転職のことを口にするのは考えものです。そのような状態を回避するため、今現在の職場では、いたって真面目に振る舞いましょう。そうすることで、良い雰囲気を最後まで保ちつつ、心置きなく会社を辞めることができます。また、何の問題もなく円満退職に至れば、転職後も、あなたが困ったときに相談できるような良好な関係性を持っておくことができます。規模や業種に関係なく、どんな企業でも、人とのつながりは大事なので、転職前のトラブルは、なるべく回避しておきましょう。
  • このように現代の労働背景の激しい変化に当たって、若い人たち…

  • このように現在の雇用事情の慌ただしい変化について34歳ぐらいまでの若年層が特に気にかけているようです。大方、自身のキャリアアップと転職とを視野にいれているのでしょう。従って、労働者・サラリーマンといった層の労働力の「流動化」が活溌になっているので、より一層、後々若い世代の転職への注目が増えると考えられます。労働市場の「流動化」が進むことで転職は一般的に広く受け入れられるようになるでしょう。「終身雇用制度」が実在した頃は、転職者をする人は、そのことで経歴にマイナス評価がつく、と言われて損をしてしまうこともたくさんあったようです。ところが、時代の変化もあり、現在の会社に執着する必要は薄れてきています。