転職時の面接に関してですが企業側からクールビズで良い…

転職時の面接に関してですがクールビズでもOKとと書かれていることもありますが…

  • 再就職の時にする面接では企業側からクールビズ可とと連絡が来るケースもあります。しかし、なかには、クールビズで赴くのは悪い印象を与えるのでは?と感じてしまいます。そのような思いを抱えている方々にアドバイスしておきたいのは、クールビズを指定されたのなら、書かれていることをそのまま守った方が無難です。色々考えすぎて、夏の暑いときにしっかりとしたスーツを着用していくと逆に暑苦しい印象を与えてしまいます。ですから、会社側からクールビズでお越しくださいと書かれていたらクールビズで大丈夫なのです。

  • 20代前半の時点で転職を2回し、そして今、資格取得のた・・

  • 20代のうちに転職を2回経験し、そして現在、資格取得のために「派遣社員」で働くことにしました。常勤での勤務ではないため、どうしても給料が少なくなってしまいました。しかし、心と時間に大きな余裕が生まれました。思い返すと、学生のときに資格を取得し、就職できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。また、資格を活かして働いている方に会うと私もこうなりたかったと感じたりもします。前の私は、自分と比べてしまうことがガッカリすることもありました。結婚して生活自体が大きく変化し、以前よりもやりたい仕事や稼ぐべき給料も変わり、楽しく日々を過ごしています。

  • 求人に係る情報をチェックする折、例えば、事務系の仕事が希望だからと…

  • 求人関連の情報を見る際、例えば、「デスクワークがしたい」という人ほど製造業をチェックしていなかったりします。そのような人のほとんどは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と勘違いしている場合もあります。実際に、製造業の求人募集でも、製造マンだけでなく経理、総務といった従業員募集に加え、資材、購買、営業管理といった「オフィス系」に分類される役職もたくさんあります。とはいえ、製造業の大半はビジネス街と同じ環境ではないのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはその箇所がマイナスと思うかもしれません。でも、自らの執着をなくすことで意外な発見があったり、スキルアップのチャンスがあるかもしれません。

  • 転職を予定しているのなら現在働いている会社を辞める…

  • 転職に先立ち現在勤務している会社を辞める時に失業保険についての手続きをしなければいけませんが、仮にあなたの側から退職願を書いて会社を辞める、いわゆる「依願退職」であった場合は即座に失業保険が出るのではなく手続きをした後で失業が認められてから3か月の期間が必要なのです。よく間違って会社を辞めた次の日から3か月経過すればもらえると信じている人がいますが、この規則に無理解な人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると主張してそれが原因となりハローワークの担当スタッフと喧嘩をしているのを見たことがあります。因みに自分側の都合ではなくリストラなどをはじめとした「会社都合」での解雇の場合は、失業が認定されればすぐに失業保険が給付されます。

  • 転職を視野に入れているなら、事前に考えておいて損をしないのが資格の取得です。

  • もし転職したいと考えているなら、転職前に「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。とくに、在職中に資格取得をしておくのがお勧めです。転職時にそれを有効活用できるので、転職先を探すのが楽になります。そんなわけで、在任期間中での資格取得が最適といえます。将来を見据え、このあと役立つ可能性の高い資格を持っておくと、今の職場を離れたあとも悔やむことなく次に進めます。そして、資格取得によって転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接時に担当者に即戦力になる人材だと認められ、活躍しやすくなるばかりでなく待遇面でも期待でます。

  • 昔は看護婦という名前だった看護師というのは務めとし…

  • その昔は看護婦ですが看護師というのは職業としてどうしても女性の割合がたいへん大きい職です。しかも、気力あるいは体力の大きく消耗がきついことが日常茶飯事です。そのため、対人関係の問題や、自分の結婚・出産といったそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活との両立がかなり取りづらい業種ともいえます。実際に、上記のような問題に行き詰まり、転職される人が多いといいます。過酷な環境ということもあり、看護師は、国内のあらゆる場所で人材不足に陥っています。というワケで、医療業界は、看護師を欲する「売り手市場」な状態で、これが転職の希望者が後を絶たない原因の一つなのかもしれません。

  • 失業保険の給付に関して、仕事を見つけようとしていることを理解してもらわなければいけません。

  • 実際に失業保険の給付を受けるためには、職探しをしていることの証明が必要になりますが、しかしながら、「会社を辞めしばらくはゆっくりしたい」と考えるのが現実だと思います。というワケで、きちんと次の仕事先を探しているように見せることができるので教えておきます。毎月の「ハローワーク」での面談は当然のこととして、そこで、求人票を見ることは最低限やらなければいけません。本音では探す気力がないときは、求人票で職探しをしているフリをして、ハローワーク職員との面談で、「納得できる条件の仕事や資格を生かせる仕事や、希望する求人が残念ながら見つけられませんでした」と相手に報告し、次の機会を狙いましょう。