職を変える際にいるビジネススーツのカラーについては…

転職の面接で必要なスーツの色については、新卒の学生が就職活動…

  • 転職の面接で必要となるビジネススーツの色味については、新卒の方が就活の時に身に付けている色合いが基本です。言い換えると、紺や黒といった感じのようなダークな色になるわけです。再就職の場面でも、着用していくスーツの色はこういった落ち着いた色が大多数を占めていて、他の色のスーツの人は少数派です。あえて言えば、グレーの人がわずかにいるくらいです。全体的な割合をみても紺や黒が多いのです。ですから、人事側からしてもそのような色が当たり前のように感じます。ですから、身だしなみ、という面においてはおすすめです。
  • 自分の趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就きたい…

  • 趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている方は要注意です。これは、私の経験に基づいたことなるのですが、私は、食べることが本当に好きでそれが高じて、かつては、飲食の世界で仕事をしていました。そのお店での業務は、そのお店で担当していた仕事内容は、簡単な盛り付けやホール業務です。この業務内容に関しては、嫌なこともありませんでしたし楽しんでいたのですが、人間関係のいざこざですごく嫌になってしまったのです。そのことが理由で、職場を去ることになったのですが、それと同時に、好きだった食べることやそのレストランでメニューとして提供されていた食べ物さえも嫌いになり、類似の飲食店には今も行けていません。当時の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。仕事に就いた頃は、大好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいと夢見て、実現させることは本当に素敵なことだとは思います。ですが、あなたの「好き」の度合いはどの程度のものか、もう一度問いただした上で行動するべきです。
  • 今ある自分のスキルや資格を活かして転職する場合は、そのスキルがプラスになる転職しやすいジャンル・・

  • 今あるスキルや資格を活かしつつ、就職活動を検討する場合は、転職がしやすい業界と、比較的、転職が難しい業界がある事を前もって理解しておきましょう。転職がむずかしくないジャンルは、人手不足が問題視されている医療や介護系の業種がとても有名ですね。医療や介護の業種では看護師および介護士の資格が必要で、誰もが簡単に応募できない事も大きく影響しています。ただし、現在「医療・介護」の仕事をしていて、仕事がきついからと異業種へ転職したいと思っているのなら、すぐに行動するのはキケンです。「医療」「介護」以外の多数の業界は、スタッフの流動性がそれほどありません。そのため、容易に考えないことが重要です。転職を希望するなら、他の業界では医療や介護系の業界の仕事探しよりも厳しいものとなることを覚悟しておきましょう。
  • 就労期間中なら、なるべく社内の人間にバレないよう…

  • 就労期間中は、できれば会社内の人に気づかれないように、(自身の経験談ですが)雇用中に転業する意図だけを早い段階で社内で仄めかしたことがあります。でも、その後に転職情報を色々と探してみたものの、結局は働く先も時期などさえも計画も立てずに決まらないまま、ダラダラ時間だけが経過してしまいました。その傍ら、会社のほうは、仕事の引き継ぎや手続き、私自身の退職日などが決定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、転職先を見付ける」という、本末転倒な状況で会社を去ることになりました。そして、予定は思うようにはいかず、失業期間を経て次の就業先を探すハメになりました。
  • 転職活動を予定しているのなら、今現在の業務や業務の何に対して不満を感じているのか・・

  • これから転職することを希望しているのなら、今いる仕事や業務の何が気に入らないのかを明確にしておく必要があります。元々不満な点にガマンできないから転職しようと思っているはずです。が、「しっかりと業務の不満を列挙する」ことを大半の人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びでのミスを防げます。そして、転職を叶えたあと、「今よりも不便になること」をしっかり想像してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職後の急激なモチベーションのダウンを防ぎやすく、成功することができるでしょう。
  • 現代では、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり・・

  • 近時は、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり、労働条件に関する取り締まりが強化されたり、社名の公表がなされるなど、損をする仕組みができてきましたが、まだまだパーフェクトとは言えません。面接で見破る方法があります。まずは求人票等に書かれている労働条件をチェックし、それぞれの項目について細かく質問してみましょう。「ブラック企業」と対峙している場合には、記載内容がウソだったときに、返答が詰まります。「その場ではちょっと答えられない」といった逃げ腰になります。中でも「給与」「残業」「休日」においては、質問をしつこくしていると、困った表情を見せる可能性大です。それでもめげずに尋ねていくと、ふてくされたような態度を見せはじめるので、ブラック企業だと見破ることができます。このような会社は、嘘をつく体質であると考えられるので、何か違和感を感じたら、他の会社をあたったほうが良いと思います。
  • 女性が再就職する時、ここ最近とセクハラが問題視される前で…

  • 女性が再就職するに当たって、一昔前と今日とでは少し違ってきている点があります。以前は面接の場で会社側から、結婚の予定や出産予定など、普通に質問されることがありました。ですが、今ではそのようなデリケートな内容は、セクハラと捉えられるのを恐れて、質問を避ける会社が増えています。特に大企業の場合は、タブーとして露骨に避けるようになっています。けれども、会社側は、YES・NO、といった形ではなく、その女性の価値観、結婚した後も働きたい、出産後は時短で働きたいなどを把握しておきたいとは思っているものです。自らの将来設計を伝えるためにも、自己PRや志望の動機と併せて言い表すことで、面接官にも認識してもらえ、安心できると思うのです。というワケで、質問されていないことでも、あなたが先んじて率先して話をしてみると良いでしょう。