きれいになる|婚活を試していても、なかなか成果が得られないことが原因で、…

結婚活動を実践しているのに、思っていたようにいかないことが原因となっ・・

  • 結婚活動を実践していても、成果が出せないことが原因で、気持ちが落ち込み「婚活うつ」とよばれているうつ状態になってしまう、という方もいます。そういった精神疾患にならないように、あんまり気にしないで周りに振り回されることなく、自分自身のペースでしていくのも婚活を成功させるには大事なことです。ですから、緊張せず、とりあえず恋愛を楽しむ、というつもりで気持ちにゆとりをもって活動していくとベストな気がします。初期段階なら、いきなり結婚相手選びを意識するのではなく、異性の友達を作ってというスタンスでコミュニケーションを取ってみましょう。そういった中で、波長があう人に巡り合えた場合に、結婚を意識しようくらいの気構えであれば、気持ちが楽になりますし、良い未来を拓けるはずです。やはり焦りを抱えるのは、健康によくないです。おまけに、表情にも出てしまいます。ですから、気持ちを楽に婚活を続けていき、婚活うつをうまく回避していきましょう。

  • 結婚活動(婚活)で素敵な人と巡り合うことができたら…

  • 婚活がうまくいき気の合う人と巡り合えたら、次に待っているのは初めてのデートです。初めてのデートは、本当に大事です。男性側には、男性が女性を終始リードするべきだ、と思っている男性もいます。このことで、初デートをしくじってしまうことが多いようです。確かにほとんどの女性は、そういったシチュエーションでは、受け身でいるケースが多いわけですが、男性側が自分勝手になんでも決めてしまうのは、ただの自己中心的な考え方です。逆に、何のプランもない優柔不断すぎる男性もダメですが、自分で勝手に決定するといった行動は、女性がイライラしてしまい、次に繋げられなくなってしまいます。女性は自分勝手で利己的な人がキライなので、利己的に映る言動は絶対にしてはいけません。デートは、楽しむことが大事ですから思いやりを持ってデートを楽しいものにしてください。

  • きれいになる|婚活内容について書かれたブログを読んだ事はありますでしょうか?

  • 体験に基づいた結婚活動内容に関連するブログをチェックする事はあるでしょうか?下は20代から、上は50代まで幅広くあり、歳が違うことで婚活状況も悩みも違っていて、見ていて興味深いと思います。婚活に関連するブログには、結婚活動でするパーティーにまつわる失敗談もたくさん載っていますし、婚活で失敗しやすいファッションやメイクに関しも載ってます。実際、私も婚活ブログをチェックしていますが、本当に勉強になります。今後、婚活をしてみたい人や、婚活はすでにしているのに、婚活をしているのに、思ったような成果が出せない人は、チェックされることをお勧めします。とりあえず、同じような境遇の人たちからヒントを得てみましょう。

  • きれいになる|婚活真っ最中の私の知人のひとりに、婚活が目的で開催されているパーティ・・

  • 婚活真っ最中の私の知り合いで、婚活が目的で開催されるパーティーを熟知している女性がいます。その子は、毎週必ず、パーティーに出席していて、トータルで100回は経験しているという、ベテランです。ほぼ毎週、パーティーに出ているわけですから、もちろん、その女性はは独身です。そんなにたくさん参加しているのにその子が、なぜ独身なのかというと、相手を見つけることには興味がないからです。それよりも、パーティーで参加した女性の中で一番人気を獲得することに躍起になっているから。もちろん当初は、その子も結婚相手を探す目的で参加していたみたいですが、美人であるために、人気が集まりやすく、だんだんどれだけ多くの男性に選んでもらえるかの方が大事になってしまい、婚活を意識しなくなり、男性に気に入られることが主目的になってしまいました。そのため、婚活を繰り返しているのに、結婚する雰囲気は未だありません。

  • きれいになる|婚活が目的で行われるパーティーに初めて参加した際、大失敗となりました。

  • 結婚活動でするパーティーに初めていったとき、大失敗となりました。婚活をスタートさせたばかりでの初心者だった事もあり、結婚活動が目的で行われるパーティーの雰囲気などもわからず、一緒にパーティーに出席してくれる友達とも当日に着ていくファッションの打ち合わせをすることなく何も考えないで出席したのでした。会場に入り周囲を見ると、参加女性はみんな、ワンピースやスカート、パンツでも女性らしい上品な雰囲気をまとっていました。その点、私のファッションはというと芸人のカズレーザーのような真っ赤なトップスに真っ赤なパンツ。アウターには黒のライダースジャケット、靴は黒ブーツという場違いもいいところなファッションで参加です。当然、会場ではかなり異質な存在として扱われてしまい、周囲から一切声をかけてもらえず椅子に座ったまま何もできないままパーティーを終えました。今思い出しても恥ずかしいですし正直、人生でこんなにはずかしい経験はほとんどしたことがないです。この失敗以降、婚活が目的で行われるパーティーに出席するときは、知り合いにファッションチェックしてもらっています。

  • きれいになる|私が結構長く婚活を続けてみてわかった事があります。それ・・

  • 私が結構長く結婚活動をやっていてハッキリわかった事があります。それが何かというと、看護師・保育士といった仕事は、男性から支持されやすいけど、医療関係者や介護職員などの仕事は男性からの受けが良くないし、あまりモテない、ということです。派手な雰囲気がある女性よりも、地味で暗い女がなぜかモテる。地味で暗い女性のほうが有利になる。極めつけは、きれいな美人より、すごいブスよりも、バランスの良いブスな女性に人気が集中する、ということなんです。婚活イベントに限らず合コンでも、上記のようなルールがあるようにかんじます。「この人は、なんだか暗いし、地味すぎるなぁ」と見てて思うのに、「看護師です」と言えば、異性からモテモテになれるから、面白いのですが、納得できません。男性はどうしてそんな気持ちになるのでしょう?少し前に合コンに行った際、気に入った男性と巡り会えたと思ったのに、その男性を遅れて合コンに参加した女性(看護師)に奪われてしまいました。思い出してもかなり悔しい経験です。

  • 結婚活動をする前から、婚活するには少なくともいくつ・・

  • 結婚活動に本腰を入れる前から、婚活(結婚活動)をするのであれば、いくつかの注意するべきポイントがあると感じていました。それに加え、手当たり次第に行動するのも失敗を招きかねないのでダメだと感じていました。実際に行動したあとで悔やむよりもやはり前もって備えておくほうが良いに決まっています。その中でも意識して欲しいのは「気になった人に対して、疑うことを忘れない」という気持ちです。疑う、となるとすごく聞こえは悪いですが現代の婚活事情においてはとても大切なことです。特にネットワークで婚活をする時に疑う気持ちを持たないと、騙されてしまう可能性があります。私は、この点を徹底していたので、相手のプロフィールなどを見て何か違和感を感じたら、連絡を取らないようにしています。現実、詐欺被害にあった人も少なからずいらっしゃいます。私の場合「興味ある相手に対して、少しでも疑うことを忘れない」を意識していたことで助かっています。疑う習慣をつけることで、婚活のトラブルを回避しやすくなると感じていますし、ほかの方にも実践してもらいたいです。