転職の際に書く必要がある履歴書や職務経歴書は、大体、…

転職の時に絶対に用意する履歴書などにおいてですが、たいてい…

  • 転職をする場合必ず用意する履歴書などに関しては、原則的には手書きではなく、パソコンを活用して作成するのが当たり前となっています。日本に関しては履歴書や職務経歴書はパソコンではなく手書きで書くというのが一般常識だと捉えられていることも多々あるようですが、それは新卒時の就職活動やアルバイトやパートの時の履歴書であって、実際のところ、転職の場合は履歴書や職務経歴書は必ずしも手書きでないといけないと断言はできません。手書きの履歴書や職務経歴書を評価する場合もあるようですが、そうじゃないケースが徐々に増えてきているようなので、パソコンを用いて作った履歴書や職務経歴書でも大丈夫なケースはたくさんあるのです。
  • 長期間接客業で務めていたのですが、歳をとるにつれ立ったままで行なわなければいけない仕事は…

  • 長年にわたり接客関係で勤務してきましたが、年をとったせいか立ち続けるお仕事は体力的にきついため、座り仕事であるオフィスワークへ転職することを頭に入れて動き始めました。事務の経験がない場合わりと厳しくて、それなら接客経験も活かすことができる受付兼医療事務をしようと資格を取得して個人病院に転職をしました。周りはベテランのパートさんばかりで人間関係においても難しい。夜のシフトばかりさせられ、接客業時代より帰る時間が遅くなってしまったのですが、初めの頃はキャリアを形成する時期だと受け入れて頑張ります。
  • 転職で、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている・・

  • 転職する場合、「派遣社員」を選択しようと思っている人にぜひ注意して欲しいことが何点かあります。派遣社員というと、データの入力、その他雑用等をなどの仕事内容をなんとなく考える方が少なくないとは思います。本音を言うと私自身もそのように思っていました。今、働いている企業に入るまでは「派遣社員」の求人に応募した際に、「主な業務は電話対応になります」と派遣会社から伝えてもらっていました。しかし、実際に入社したとたん、なんと「電話対応」だけでなく、退職した正社員の穴埋め役を要求されました。特別な知識もなく、入社前の説明とは異なる内容ばかりなので毎日非常に参っています。今はとにかく、ひたすら「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。
  • 転職活動を成功させたい場合、希望先転職先の会社企業というより・・

  • 転職活動で大事なことは希望している企業そのものより、どちらかというと「担当面接官」とのやり取りが重要です。其のためには、初歩として面接の時間になる前に焦らず、平常心でいるように心がけましょう。たとえばお見合いをする、といった気持ちでいる向かうと緊張がとけるかもしれません。とくに面接によって第一歩としてあなたの雰囲気や人間性を判定してもらうので悪い評価になるような態度は注意し避けましょう。そしてモラルある社会人らしい転職活動にふさわしい服装(T・P・O)を意識しておきましょう。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。魅力的な人物と感じてもらうことができたら、きっと良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。
  • 安定した人生を手に入れるべく正規の雇用社員になろうとしている…

  • 安定性を欲しがって正規の社員になりたい人はかなりいらっしゃるはずです。即戦力として働けるように資格を取得するなどして努力しても、中々正社員としての転職活動そのものがうまくいかないこともあるでしょう。準社員の求人はかなり目に付くのに正社員の求人情報以外はそっちのけで時間だけが過ぎていく、といった人が最近は多いようです。しかしあなたが、正社員として望む職場や仕事に転職できない場合には、準社員に応募することも選択肢に加えてみましょう。会社のなかには、成果によって2,3年で正社員にステップアップ数年で正規雇用への転換を狙えることもあるんです。ですから面接の最後に「正社員登用」の可能性があるかどうかを訊いておくようにすれば後々の役に立ちます。
  • 派遣として就業しています。派遣法や労働契約法のせい…

  • 派遣というかたちで働いています。派遣法とか労働契約法の関係で否応なく、ずっと働いていた就業先での仕事があと数週間で終了します。派遣の仲間の中には、派遣先の企業で直接雇用の位置を獲得した方もいるのですが採用された理由としては正直に言うと仕事の腕がよいというよりは派遣先上司へのあしらい方が得意な人でそれが採用の決め手となった模様。仕事のスキルよりおじさん転がしのスキルの方が必要なのかなーと抜擢されなかった別の派遣の仲間と派遣先の会社で愚痴を言ってます。
  • 今現在の自らの職場や業務の中身についてほとんどの人は何かしらの不満点を感じているでしょう。

  • 現在の自らの職場や仕事内容に対して、何かしらの不満を感じることがあるはずです。「自身の資格やスキルをきちんと評価してくれない」そして、「年収は増えないし、レベルアップの見込みもない」と言う不服を漏らす人もいます。ですが、そのような不満が強すぎる人の場合、自身の能力を過大評価しているケースが多いものです。過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「この企業や職種では、自分を活かせない」と再就職先がまったく見つからないおそれがあるので、要注意です。可能性も少なくありません。なので転職活動を効率的にしていくためにも、あなた自身の能力を今一度、厳しく評価してみることから始めてみましょう。