シフトの仕事についての話なのですが、一定の曜日に仕事できる人を募集している求人を…

これはシフトの仕事についての話なのですが、毎週、特定の曜…

シフトがある仕事についての話です。毎週、一定の曜日に働ける人を募集している求人を結構見ますが、もし、応募しようと思っているならシフトの提出方法、休み方については面接の際に尋ねておいたほうが良いです。それはなぜかというと、前に私は産休で抜けた人の助っ人として、正社員として入社したのですが、そこが「土日」固定のシフトだったのですが、新しく入った私以外、他の社員はだれも出てくれませんでした。産休に入った前任の方が「土曜、日曜」にかならず出られる人だったので、私自身もそういった形で扱われたしまいました。ですから「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフト変更を前もって伝える必要があり、同じ部署の上司に「代わりに出勤していただけませんか?」と自分でお願いしなくてはいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日は一人だけなんて・・・。冷静に考えると、本当によく我慢したなと思います。

新しい職を探す際、ネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント…

職探しをするにあたっては、ネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)要するに斡旋してくれる会社がありますが、あなたがその業者に登録し、運よく転職先が決まった場合でも、失業保険とは何の関係もありません。失業保険は、「ハローワーク」にて正しく手続きしないと失業保険とは無関係なので注意が必要。一方、「ハローワーク」を経由して斡旋された会社に就職した場合は、就業のための準備費用として「一時金」を受け取れたりもします。インターネットでのエージェントは公的機関では無く、ただ斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険の手続きは管轄外です。このことについて押さえておかなければ、失業中に給付金をもらえなくなるので、就職エージェントの利用を検討される人は特に気をつけましょう。

転職のための採用面接での、よく思い違いがあるのですが…

転職時の面接では、よく思い違いがあるのですが採用をされたいあまり度を超えた猫をかぶることです。するとはっきり言って悪い結果を招くおそれがあります。そうならないために思い切って面接時は、「育休」といったような、通常ならかなり聞きづらいことも思い切って率直に訊いておいた方が、結果的に間違いなくあなたのためにもなります。実際には「そんな無神経な質問をすると、面接結果に不利になるのではないか」と気にする人もいるかもしれません。けれども、意外と面接官からの印象もいいことは少なくないようです。これらのことは労働環境やお金に関連する疑問点は、多くの人が知りたいと思っています。その反面、面接応募者の多くは、普通は質問できません。けれど、あえて踏み込んでおいたほうが、「こいつは他と違う」ということで面接官に印象づけられるのです。

転職活動をしている際に、面接において間違いなく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動中に、面接において絶対に尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち「志望動機」は、思ったとおりの内容で構いませんが、これとは異なり転職理由についてありのままに話すのはよくありません。給料・待遇に対する不満、人間関係に関する問題など、面接担当者に悪いイメージを持たれやすいものです。たぶん、自分にとってマイナスになると予想されることをストレートに話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそういった点に注目しがちなので、慎重に質問されることは避けられないでしょう。悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。そのあと、この企業に入社してこういうことをしたい、「5年先はこういったことをしているだろう」、そのために御社に応募しました、とポジティブなイメージを与えるようにしましょう。

転職サイトでは、登録後、執拗に電話やメールをしてきます。

転職エージェントに登録すれば必ず、電話・メールが何回も掛かってきます。これについて初めて利用された人はかなりびっくりすることが多々あります。転職エージェントは転職を推進することが仕事だと考えられるので、本当に積極的です。特に大手エージェントは、転職を成功へと導くことで企業から報酬を受け取る仕組みであることから、転職希望者の都合を考えるよりも企業の都合を優先的に考えることがよくあります。加えて、彼らは、成約数を増やしたいがために内定が出たその日に、入社するよう後押ししてくることが多いです。防御策として自身の希望や意思を明確にしておき、妥協した形の転職とならないように気を付けましょう。

新たな職場にてそれまでのキャリアが生かせれば、即戦力として認知され、…

新たな職場でこれまでに身に付けたスキル・キャリア生かすことができたら即戦力として認識され、早々に職場にも馴染めるし、同時に雇用先もそのような能力がある人材は常に必要なので、タイミングさえ良ければ、わけなく採用されるでしょう。加えて過去の仕事内容と近いジャンルであれば、見込みは十分にあります。ですが、なかなかのスキルがあるといっても一流企業の事務系の仕事や、公務員系(国家・地方ともに)は時代・景気に関係なく相当な競争率を突破する必要があります。

仮にあなたが転職を考える場合に「Uターン」「Iターン」といった形で…

もしあなたが再就職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において都会から地方に移住した上で再就職したい、と検討している人、実践している人が増えています。近年は転職サイトを活用すれば、国内全エリアの求人も手軽にアクセスできるようになりました。ただし、地方や郊外での求人は都市部のそれよりも内容が薄く、数も少ないというのが大きく違うところで、そういった点でマイナスといえます。ですので、転職サイトを使用するのは当たり前ですが、転職サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」などのサイトもこまめに確認しておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった機関が主催する転職サポートの情報も注意してみておきましょう。