昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。

最近の転職事情では、政治による影響が出始めています。

  • 政治により変化の出始めている転職を取り囲む状況について、現在の安倍内閣によって、アベノミクス「三本の矢」といった形で経済に関係する政策が打ち出されています。経済政策共々金融政策とも、たがいに作用しあって財界・企業といった民間側からも新たな変化が巻き起こりつつあります。その影響を受け、民間企業サイドでも今度は若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「働き手が足りないこと」がかなり深刻な社会問題となっています。ここ最近では、「外国人労働者」の比率を増やして人材確保に務めていくと現内閣は宣言しています。国内の転職問題についても幅が広がりそうです。こうした社会情勢の変化によって、日本国内の雇用や転職状況にも、大きく変わっていくはずです。

  • 看護師という職の人のほかの職業に転職の理由はその人それぞれです。

  • 看護師という職の人のそれ以外の仕事に転職を決断する理由は、その人それぞれです。看護師でありながらの転職には「職場環境に関わりたくない人がいる」「結婚で配偶者のこともあって子育てなど、変化によってこれまでと同じようには今の仕事を続けられなくなっている」「今の給与とキャリアとのバランスに不満を感じている」など多種多様の理由が抱えているのかもしれません。ですが、実際に転職される前に転職したいと、改めて時間を掛けて現状を客観視することもしてみてください。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考してみて、決断すれば間違いが減らせます。

  • 転職のための面接では注意しておくべきポイントがあります。

  • 転職時の面接では、正直さがマイナスに作用することがあります。人事から「転職理由を聞かせて頂けますか?」とかなりの確率で質問されます。この場合、以前の職場の人間関係や働く環境についての不満に受け止められる回答は、意識して控えましょう。なぜなら、そのような不満を口にすると、採用条件としてマイナスに傾き、チャンスを水の泡にしてしまいかねません。面接時にはポジティブな発言がかなり大切です。、とにかく「新しい職場で、自分の能力を十分に発揮し、会社のためにより一層の努力をしていくつもりです」のようなアピールの仕方が担当者の心証はよくなります。

  • 転職活動には、然るべき準備はやらなくてはいけません。

  • 転職活動する場合、それなりの準備はしなければなりません。準備といってもたくさんあるのですが、そのなかでも、目に見えるファッションは誰もが気を遣う部分ではないでしょうか。でも、今の面接については、私服がOKな会社があるので、ビジネススーツで決めて面接に向かわなくてもいい場合がケースもあります。会社の設立してすぐの歴史のない会社ほど、お堅いルールもないことが多く、私服で面接を受けたほうが、相手に好印象を与えられます。さらに、フランクに話をしやすくなります。また、私服であれば面接中に、服装について、話題が広がることがありますから、うまくいけば面接担当者へのアピールにもなります。ということから、これから転職する際は、企業の「設立した年」を事前確認し、(ベンチャー系企業相手の)面接時には正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

  • 仕事を変えると、大体の場合、それまでの仕事でのたいていは美化された記憶となります。

  • 転職した場合には、大体の場合、それまでの会社の仕事での多くは美化された記憶となります。実のところ今の待遇に不満があるから、そういった思いを払拭するためにせっかく転職したはずなのに、気がつくと、どういうわけか「前職のほうがマシだった」と思うことが増えてきます。当たり前で、以前の職では仕事の手順に慣れていて、難なくやるべき仕事がたやすくできていたのももっともというのもあります。しかし、「やっぱり転職するんじゃなかった」と悔やむほど、過去の仕事のほうが労働環境や、労働環境が良い可能性もあります。

  • 転職活動の際は、はじめに、求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを見たりし・・

  • 転職活動を始めるにあたっては、予め、公式サイト、求人票、パンフレットといったものでその会社のことをチェックするのですが、ところが、その会社が情報を公にする際には、、コンサルタントが付くことが多いです。コンサルタントは、会社の利益とならない情報を隠す傾向があります。仮に公開する場合でも差しさわりのない表現をします。そういった類の会社情報や社員のインタビューについては、すべてを事実だと考えるのではなく、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。もしも言葉を額面通りに受け止めてしまうと、「話が全く違う」とあとになってから後悔しかねません。たちの悪い会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は、イチャモンをつけながら辞めさせないように仕向けてきます。最近問題となっているブラック企業に多い例です。

  • 生まれて初めて失業保険をもらうときに、じっとしていれば受け取れると思っている人・・

  • 生まれて初めて失業保険をもらう場合、給付されるのを待っているだけでいいと思っている人が大多数だが実は、失業保険の給付を受け続けるためには、求職活動を行わなければならず、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月周期でスタッフに就職活動の状況を報告して真摯に就職活動をしていることを信じてもらえれば翌月の保険給付が行われるシステムです。また、「この人は就職活動を全くしていないぞ」と判断されたり、毎月のスタッフとの面談を欠席したときは、アッサリと給付の一時停止に至ったり、ケースによってはその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそれを防ぐために十分気を付けましょう。