前の求人情報に必要とする人材の「性別」までしっかりと記載されていました。

かつては求人情報では、雇用主が必要とする「性別」について、…

以前は求人誌には、募集要項の中に「性別」まで、記載されていました。しかし現在では、1986年に施行された男女雇用機会均等法の影響によって、男女差別が雇用の際にしてはいけない事となり、応募条件内に「性別」を明記できなくなりました。そんな変化があるものの、求人募集をしている会社は、性別関係なく等しく雇用のチャンスを与えてくれるとは限りません。そのため、実は男性が希望のジャンルに女性の採用希望者がやってきたり、逆に女性希望なのに、男性がエントリーしてきたり、でも不採用となる可能性が高くなります。もし、「女性が活躍する職場です」と記載があれば、雇用側が「女性」を必要としている、と考えたほうがべきです。

仮に再就職を目指そうとしても、誰でも思ったとおりの結果が…

仮に再就職を考えたとしても、全部が首尾よく運ぶという確証はありません。可能であれば、いつかするつもりなら早いうちに転職を試みるべきでしょう。普通一般的には、30代前半までは結果が出やすいですが、30代後半~40代になってしまうと転職はとても厳しくなります。もしも、管理職など、要職を担当している場合、転職したいと思い立っても、現在の会社に留まることも選択肢の一つには入れておくべきです。つまり、会社を辞めてから転職活動を行うよりも、今の会社には残ったまま慎重に行動したほうが良いでしょう。

仕事の面接で着用するビジネススーツの色は、新卒の学生が就職活動の…

職を変える時に必要なビジネススーツの色は、新卒の就活の際にに準じた色合いが一般的となっています。具体的に言うと、黒や紺のような暗い色味になるわけです。それが、転職の場面であっても、着用していくスーツのカラーはこういう暗めの色がほとんどで、他のカラーを着ている転職者は少数です。それ以外の色と言うと、ごくたまにグレーのビジネススーツを着用している方が若干いるくらいです。一般的には黒や紺とかのビジネススーツがほとんどなのです。ですから、人事側からしてもそういった色が普通に見えます。ですから、身だしなみ、という観点においては推奨したいわけです。

得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている人は注意した方が良いです。

自分の趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいという風に考えている方は注意が必要です。私が実際に体験したことなるのですが、私自身、もともと食べることが好きでそれが理由で、かつては、レストランで仕事をしていた時期がありました。そのレストランでの業務内容は、そのレストランで私が担当していた業務は、簡単な盛り付けやホール業務でした。この業務内容については、不満もありませんでしたし楽しみながら仕事ができていました。けれども、人間関係のいざこざでとても嫌になりました。そのことが引き金となって仕事をやめることにしたのですが、その結果、あんなに大好きだった食べること、そしてその飲食店でメニューとして提供されていた食べ物すら苦手になってしまい、同ジャンルの飲食店には現在も行くことができません。当時の店の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。仕事を始めた当初、大好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。自分自身の大好きなジャンルの仕事に就きたいと願い、それを実現させることは素敵なことだとは思います。しかし、あなたの「好き」はどのレベルのものなのか、真面目に自分自身と向き合ってから行動するべきです。

自身のスキルが有利にはたらくように転職活動する場…

自身のスキルを活かして転職を検討する場合は、比較的、再就職しやすい業界と比較的、転職が難しい業種がある事を知っておくと仕事選びに役立ちます。すんなりと転職がかなうジャンルとしては、たえず人手不足になっている「医療・介護」がその最たる例です。医療・介護は、それぞれ看護師・介護士は看護師や介護士といった国家資格が必要で、ハードルの高いジャンルといえます。しかし、今「医療・介護」の仕事に従事していて、とある事情によって異業種へ転職したいと思っているのなら、すぐに決断してしまわないほうが良いです。「医療」「介護」ではない業界は、スタッフの流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。したがって、安易に考えないことが重要です。再就職される場合は、ほかの分野の仕事では「売り手市場」な前提で軽率な行動を取らないように気をつけておきましょう。

在職期間中なら、可能であれば、周りの人間にバレない・・

就労期間にあるときは、できたら、内密に、(私の場合)在職期間中に転職したいという考えをはじめのうちに会社内で話したことがあります。にもかかわらず、その後転職サイトを必死にあれこれチェックしていったのですが、思いとは裏腹に転職する時期などすら何一つ決まらず時間だけが過ぎてしまいました。挙句の果てにはその傍ら、会社の方も業務の引き継ぎや手続き、私自身の退職予定日などが確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、転職先を見付ける」という、本末転倒な状況で会社を去ることになりました。その後、予定が順風満帆とはいかず、失職期間を経験したあとで、次の就職先を探すハメになりました。

いよいよ転職することを予定しているのなら、現状の…

そろそろ転職することを希望しているのなら、今現在の仕事や業務の何に対して不満を感じているのかを洗い出しておく必要があります。できていて当然と思われますが、意外とそうでもないのです。そもそも気に入らない点にガマンできないから転職したい、と考えるのは分かります。しかし「きちんと現状の職場や仕事の満足できないことを挙げる」ことが出来ている人は少ないものです。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職における後悔を減らせます。そして、転職を叶えたあと、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を明確にイメージしてみましょう。転職したとしても、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職してからのモチベーションの低下は未然に防ぐことができます。