最近では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようにな…

今日では、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、…

  • 現代では、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、労働条件関係の取り締まりが強くなったり、社名の公表がなされるなど、厳罰を処するようになってきましたが、まだまだ完全ではないのが現状です。したがって、面接で見破る必要が出てきます。はじめに、求人票等に書かれている労働条件を確認し、それらの項目を順番に遠慮せずに質問してみることです。おおよそブラック企業であれば、質問したことが嘘であれば、明確に返答できなかったり、「その場ではちょっと答えられない」といった逃げようとすることが多いです。中でも「給与」「残業」「休日」については、質問をしつこくしていると、渋い顔をすることが多いです。それでも質問を止めずにいると、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされたような態度になってくるので、そこで「この会社は信用に値しない」と確信できます。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、変だと思ったら、見抜いた方が後々いいと思います。
  • 女性が転職する場合、数年前とここ最近とでは若干の変化があります。

  • 女性が転職するに当たり、一昔前と現在とでは若干、違いがあります。過去には、結婚観や結婚後の仕事など、ごく当たり前に女性たちへ質問していました。ところが、現在の流れとしては、そのようなデリケートな内容は、セクハラに該当するかもしれないので質問をしない企業が一般化しつつあります。また、世間に名の知れた大きな会社ほど、NG質問として露骨に避けるようになっています。しかし実際、企業側は、YES・NO、の2択でなく、その女性の考え結婚後も働きたい、「出産後はすぐに復帰するのか」などを当然、把握しておきたいとは思っています。自らの人生設計を理解しておいてもらうためにも、志望の動機や自己ピーアールと一緒に言い表すことで、面接官にもしっかり伝わり、また、モヤモヤも解消できると考えます。ということで、たとえ、質問されていないことでも、こちらから率先して話をしてみると良いでしょう。
  • 再就職する時に絶対に書かないといけない履歴書において…

  • 再就職する際に用意する必要がある履歴書や職務経歴書に関してですが、原則的にはパソコンを用いて作るのが通常です。我が国においては履歴書や職務経歴書は手書きで作成するというのが当たり前だと思われる面もありますけど、それは新卒の人の就職活動やアルバイトやパートの時に用意する履歴書であって、実は、転職の時は履歴書や職務経歴書は絶対にパソコンを使ってはいけないとまでは言えません。手書きの履歴書や職務経歴書の方を良しとする場合もあるようですが、そうではない場合がだんだん多くなってきているので、自筆でなくても良い会社は意外にもかなりあるのです。
  • 長年にわたって接客業で勤務を続けてきましたが、年齢を重ねるにつ…

  • 長年にわたり接客関係で勤務を続けてきましたが、加齢が原因か立った仕事は体力的にきつく、座って仕事を続けられる事務の仕事への転職を頭に入れて活動をしました。事務が未経験だとなかなか厳しく、それなら接客の要素もある受付兼医療事務を目指そうと思い資格を取得して個人医院に転職をしました。周囲はベテランの先輩パートさんばかりで人間関係も複雑。いつも夜のシフトを押し付けられて、接客業で働いていた時よりも帰りも遅いのですが、今はキャリアの形成時期だと思って仕事を続けます。
  • 転職で、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人・・

  • 転職を、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人にぜひチェックしていただきたいことが何点かあります。まずはじめに派遣社員と聞くとお茶出し、データの入力などの雑務、雑用等をなどの仕事内容をぼんやりと想像する方がおそらくいるはずです。最初は私も現在勤めている企業に入社するまでは「派遣社員」の募集を見て応募したときには「主な業務は電話対応になります」と採用の際に説明を受けてもいたので安心しきっていました。しかし実際に入社してみると、「電話対応」以外に、辞めた正社員の業務の穴埋めを指示されました。いつも毎回、あれこれ要求されますし、当初の説明と大きな食い違いがあるので日々非常に参っています。今はただ「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。
  • 転職活動で重要なことは希望する企業相手というよりも人事や採用担当の面接係員と…

  • スムーズに転職したい時は、希望している企業そのものよりも、どちらかと言えば面接係員とのやり取りが重要といえます。希望する企業の面接で良い印象を与えるために、まずは普段通りを意識して焦る気持ちを捨て、平常心を意識しましょう。例を挙げると女性とお見合いをする心構えで望むと良いでしょう。更に大事なことは面接内ではまず最初にあなたの中身をチェックされてしまうので悪い評価になるような言動は注意しゼッタイにやめましょう。なおかつ良識ある社会人らしく身だしなみや服装を整えながら、あなたの個性を表現できるといいでしょう。面接官に企業に採用したい人材と認識されれば、きっと良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。
  • 安定を願い「正社員」になりたいと思っている人は少なくない、というのが現状です。

  • 安定した人生を手に入れるべく正規社員として働きたいと思っている人はかなり多いのが現実だと思います。ですが、かなり頑張っても、中々正社員として雇い入れてもらうことが現実化しないこともあります。準社員の求人募集はかなりあるのに正規雇用の求人情報以外には目もくれず時間だけが経過していく、といったケースが多いようです。万が一あなたが、正社員として望む職場や仕事に転職できない場合には、契約社員の募集も見てみましょう。企業のなかには、その人の手腕によって、数年で正規雇用への転身を狙える可能性もあるからです。ですから採用面接を受けているあいだに、「正社員登用」のチャンスがあるかどうかを尋ねておけば、将来設計にも役立ちます。