派遣というかたちで働いています。

派遣というかたちで働いています。

ある会社に派遣されて働いています。派遣法や労働契約法のおかげで不本意ですが長くお世話になった企業での勤務を終了しなければなりません。同じ派遣である人の中には、派遣で勤務している会社で直接雇用の地位をつかみ取った方もいるのですがその理由としては正直に言うと仕事の腕とは関係なく派遣先上司の扱い方が得意な方でそのおかげで採用されたみたいです。仕事の能力よりおじさん転がしスキルが大切なんだねーと派遣仲間の友人と職場で文句を言ってます。

今の自らの職場・業務内容について不満に感じていることの中に…

今現在のあなたの勤め先や業務内容について何かしらの不満に思うことがあるはずです。「自身のスキルや能力をきちんと評価してもらえない」ゆえに、「年収アップもないし、昇進の見込みもない」と言う不満を漏らす人もいます。しかしながら、そのような悩みが強すぎる人の場合、自分自身の本来の実力を実際よりも「過大評価」してないか、再確認する必要があります。自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できるチャンスがこの企業や職種にはない」と仕事をしない期間が長くなるので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。経済的に生活困難に陥る可能性もあります。なので再就職で好結果を出すためには、「本来の自分の能力」を多少厳しい目で自己分析してみてください。

これはシフトの仕事についての話です。

シフトがある仕事についての話です。毎週、一定の曜日に仕事できる人を募集している求人を頻繁に見るのですが、もし、応募しようと考えているならシフトの出し方、休み方については面接の際に確認しておきましょう。それはどうしてかというと、私は過去に、産休で休む人の穴埋めとして、正社員として仕事に就いたのですが、私のシフトがそこでは「土日」固定のシフトで、新人の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。産休に入った前任の女性が「土日」に必ず出ることができたので、私も出勤できる人と思われていたようです。なので「土日」に休まざるを得なくなると、シフトを変わってもらうときは、上司に「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と私自身が頭を下げなくてはいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い出す度、「本当におかしな職場だった」としか言いようがありません。

仕事を探すにあたっては、ウェブ上でのエージェントに頼るケースもあるでしょうが、…

転職において、インターネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)を利用する手段もあるのですが、もしそういった場所で登録して仕事に就くことができた場合でも、失業保険の給付にはつながらないので注意が必要です。ハローワークを使わずに就職しても失業保険をもらうことはできないので覚えておきましょう。これと違って、ハローワークにより斡旋された会社に就職した場合は、就職のための必要なものを揃えるための一時金が支払われます。インターネットで展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。転職を斡旋し紹介料と言う形で企業から報酬をもらうだけであり、失業保険の手続きは管轄外です。こういった点を押さえておかなければ、失業中にお金がもらえない事態になるので、就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。

転職の際に欠かせない面接に関して、よく思い違いがあるので・・

転職を成功させるための企業での採用面接での多数の人が考え違いをしているのですが採用をされたいあまり度を超えた猫かぶりをすることです。するとそれがそのまま悪い結果を招くおそれがあります。そうならないために猫をかぶるよりも面接時は、「休暇」といったような、通常はちょっと聞きにくいことも思い切って率直に訊いておいた方が、結果的に確実にあなたのためになります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「そんな無遠慮なそういった質問をすると面接結果に悪い結果になるのではないか」と危惧するかもしれませんが、しかしながら、意外なことに、プラスの結果になる可能性が高いといいます。これらのことはお金や労働環境に対する内容は、実際には、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。ついつい面接で緊張していると、モジモジして質問できません。しかしながら、勇気を出して質問をすることで、「言うことはちゃんと言える人だな」と思わせることができます。

転職のための活動を行っていて面接のときに「志望動機」「転職理由」の2点について、必ず尋ねられます。

転職活動をしていると、面接において「志望動機」「転職理由」の2点は絶対に質問されます。志望動機に限っては、正直に話してもOKですが、転職理由について率直に話すのは問題です。給料に関する不満、上司とそりが合わないことなど、面接担当者によいイメージを与えるものではありません。とはいっても、自分が不利益を被ると予想できることを馬鹿正直に話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しやすいので、慎重になりつつ、あなたへ探りを入れてきます。これに対抗して現職の不満を言わないように答えるには、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。そしてさらに、この会社に入社してこんな貢献をしたい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、そのために御社を選択しました、と志望動機に話をすり替えてみましょう。

「転職エージェント」は一度登録したあとに、電話やメールでの連絡が呆れるくらい来ます。

「転職エージェント」は、一度登録すると、しつこく電話やメールをしてきます。初めて利用する人はかなりびっくりする場合がよくあります。転職エージェントは転職させることが役割だといえるので、かなり積極的な姿勢を見せます。とりわけ大手エージェントは、転職を成就させる対価として企業からお金が入る仕組みといえるので、転職する側の都合より企業の都合を優先的に考えることが多いものです。加えて、「転職エージェント」は契約を欲するあまり内定を得た瞬間に、入社を強くすすめてくることが珍しくありません。防御策として自身の気持ちや意思を明確にしておき、無理に転職することがないように注意しなければいけません。